首都圏中央連絡自動車道建設促進県民会議について

「首都圏中央連絡自動車道(圏央道)」は、半径およそ40~60㎞圏に位置する
横浜、厚木、八王子、川越、つくば、さらに千葉県内では成田、木更津などの
業務核都市を環状に結ぶ、総延長約300㎞の自動車専用道路です。

この圏央道は東京湾アクアラインとつながり、成田・茂原・木更津などを連絡する
骨格的な基盤施設です。

都心から伸びる放射状の道路をつないで都心への交通を分散導入することにより
渋滞の緩和を図り、スムーズな物流を可能にするとともに、
生活における行動範囲を広げ、快適な観光レジャーの実現はもちろん、
あらゆる産業の発展にも貢献するものです。

このように重要な役割を担う圏央道を整備促進を図るため、
1991年11月、県民各層の団体により設立された
「首都圏中央連絡自動道建設促進県民会議」は、

①圏央道をはじめ県内高規格幹線道路網の必要性・重要性について広く県民に周知する広報活動
②早期整備を願う県民の熱意を県内外に示す県民大会の開催
③国および関係機関への早期整備に向けた要望活動の実施

等を事業の柱として、圏央道の千葉県内区間の建設の一層の促進に務めております。